教授プロフィール

姓名:古田直紀
Email:nfuruta@chem.chuo-u.ac.jp
専門分野:分析化学・環境化学
研究課題:環境試料及び生体試料中に含まれる微量元素の
分析手法の開発

学歴:1966年4月〜1969年3月東京都立大泉高校卒業
1969年4月〜1973年3月東京都立大学 理学部 化学科卒業
1973年4月〜1975年3月東京大学大学院 修士課程修了
1979年9月東京大学 理学博士授与
1979年10月〜1981年3月 カナダ・アルバータ大学 博士研究員
1988年4月〜1988年9月米国・インディアナ大学 訪問研究員
2002年4月〜2002年9月米国・インディアナ大学 訪問教授
2002年9月英国・シェフィールド大学 訪問教授
2004年8月米国・インディアナ大学 訪問教授

学位:理学博士(東京大学、1979年)
Fellowの称号を授与(Royal Society of Chemistry、2005年)

職歴:  1975年4月〜1986年6月 国立公害研究所(現在の国立環境研究所)
計測技術部水質計測研究室 研究員
1986年7月〜1990年6月主任研究員へ昇格
1990年7月〜1992年11月 国立環境研究所と名称変更
化学環境部計測技術研究室 主任研究員
1992年12月〜1994年3月地球環境研究センター 研究管理官
1994年4月〜現在中央大学理工学部応用化学科 教授
2000年4月〜2014年3月立教大学理学部化学科 兼任講師
2001年4月〜2003年3月中央大学大学院経済学研究科 兼任講師
2004年4月〜2005年3月名古屋大学大学院工学研究科 兼任講師
2014年4月〜2016年3月学習院大学理学部化学科 兼任講師

所属学会:日本分析化学会(1977年4月〜)
日本化学会(1975年4月〜)
プラズマ分光分析研究会(1981年4月〜)
American Chemical Society(1983年4月〜2015年12月)
Royal Society of Chemistry(1998年10月〜2015年12月)
Society for Applied Spectroscopy(2009年7月〜2012年12月)

学会及び社会における活動:
1989年4月〜1990年3月日本分析化学会 関東支部 幹事
1991年4月〜1993年3月日本分析化学会 関東支部 常任幹事
1989年4月〜1991年3月日本分光学会 企画委員会 環境科学部門 幹事
1991年4月〜1993年3月日本分光学会 企画委員会 環境科学部会 主査
1988年3月〜1994年12月 Spectrochim. Acta Part B の Editorial Advisory Board
1994年4月〜2003年3月プラズマ分光分析研究会 事務局
1994年4月〜2003年3月国立環境研究所 客員研究員
1994年4月〜2003年3月地球環境研究センター 地球環境モニタリング検討委員
1994年4月〜2003年3月ILAS等衛星データ検証・データ利用検討委員
1995年7月〜1999年9月J. of Anal. At. Spectrom. の Asia-Pacific Associate Editor
1996年10月〜現在地球科学技術フォーラム委員
1997年4月〜1999年3月日本分析化学会 常議員
1997年7月〜1998年3月高周波プラズマ質量分析通則JIS原案作成委員会 小委員会長
1997年6月〜現在ICP Information NewsletterのJapanese Representative on the Board of National Correspondents
2000年1月〜2005年12月J. of Anal. At. Spectrom. の International Advisory Board
2001年4月〜2006年3月(財)環境科学技術研究所 放射性物質形態別分析調査委員会委員
2003年4月〜2005年2月プラズマ分光分析研究会 副会長
2003年4月〜2004年3月(社)新金属協会 タンタル分析分科会 
タンタル共同分析委員会 委員長
2003年12月〜2004年3月(独)産業技術総合研究所 レビューボード委員
2004年4月〜2005年3月(社)新金属協会 タンタル分析分科会
タンタル分析JIS原案作成委員会 委員長
2004年12月〜2006年3月(独)産業技術総合研究所 研究ユニット評価委員会
(計測標準研究部門)委員
2005年3月〜2008年12月プラズマ分光分析研究会 会長
2005年3月〜2006年3月高周波プラズマ質量分析通則JIS改正委員会 委員長
2005年12月Pacifichem 2005 Symposium “New paradimes in AnalyticalSpectrochemistry”のthe corresponding co-organizer
2008年11月2008年アジア・オセアニア冬期プラズマ分光分析国際会議 組織委員長
2006年1月〜2011年12月J. of Anal. At. Spectrom. (Royal Society of Chemistry, RSC) のEditorial Board
2006年4月〜2011年3月(財)環境科学技術研究所 放射性物質形態別分析調査委員会委員
2009年6月〜2011年5月ICAS 2011 プログラム部会委員
2009年7月〜2012年6月Applied Spectroscopy (Society for Applied Spectroscopy, SAS) のEditorial Board
2010年12月Pacifichem 2010 Symposium “New Frontiers of Plasma Spectrochemistry”のthe corresponding co-organizer
2012年1月〜2016年12月J. of Anal. At. Spectrom. (Royal Society of Chemistry, RSC) のAdvisory Board

環境研ホームページに戻る
応用化学科のホームページへ戻る
中央大学理工学部のホームページへ戻る