口頭発表リスト(2012)


2012年度

2012. 5; 山本 貴雄, 鈴木 美成, 古田 直紀: HPLC-ICP3DQMSを用いたspecies-specificな同位体希釈分析法によるセレンイースト標準物質中のセレノメチオニンの定量; 第72回分析化学討論会, 鹿児島.

2012. 5; 鈴木 大介, 鈴木 美成, 古田 直紀: ICPMS及びICPOESにおける共存する炭素による増感効果の解明; 第72回分析化学討論会, 鹿児島.

2012. 5; 居原 寛之, 鈴木 美成, 古田 直紀: 多摩川上流から下流にかけての希土類元素の動態解明; 第72回分析化学討論会, 鹿児島.

2012. 5; 辻野 絢也, 鈴木 美成, 古田 直紀: Nano HPLC-ICPMSを用いて硫黄とリンを測定することによるβ−カゼインの定量および定量的なリン酸化解析; 第72回分析化学討論会, 鹿児島.

2012. 5; 加藤 裕樹, 鈴木 美成, 古田 直紀: イオンクロマトグラフィー (IC)-ICPMSによる水道水中の臭素化合物の化学形態別分析; 第72回分析化学討論会, 鹿児島.

2012. 5; 日吉 一浩, 鈴木 美成, 古田 直紀: 粒径別大気粉塵中の主要元素と微量元素の長期モニタリングと発生源の解明; 第72回分析化学討論会, 鹿児島.

2012. 8; N. Furuta: Cycling of rare earth elements in the environment; The 5th Asia-Pacific Winter Conference on Plasma Spectrochemistry, Jeju Island, South Korea.(Invited Lecture)

2012. 8; 鈴木 美成, 辻野 絢也, 古田 直紀 : Nano HPLC-ICPMSを用いた定量的リン酸化解析; 第3回メタロミクス研究フォーラム, 東京.

2012. 9; 佐藤 旬, 五百磐 徹, 鈴木 美成, 古田 直紀: LA-ICPMS及びAu標識化抗体を用いたSe及びAu同時検出によるSelenoprotein Pの同定; 日本分析化学第61年会, 金沢.

2012. 10; N. Furuta, Y. Suzuki, Y. Hashiura, T. Sakai, T. Yamamoto, T. Matsukawa and A. Shinohara : Elucidation of selenium metabolism by tracer experiment of mice injected with selenium stable isotopes; SCIX2012, Kansas City, USA.(Invited Lecture)

2012. 10; D. Suzuki, Y. Suzuki and N. Furuta: Signal enhancement effects by co-existing carbon in inductively coupled plasma optical emission spectrometry; SCIX2012, Kansas City, USA.


環境研ホームページに戻る
応用化学科のホームページへ戻る
中央大学理工学部のホームページへ戻る