口頭発表リスト(2005)


2005. 4;Naoki Furuta,Fumito Nojiri and Yasunori Okamoto;Selenium distribution and metabolism in mice administered with 82Se enriched selenite; 2005 Asia-Pacific Winter Conference on Plasma Spectrochemistry,Chiang Mai, Thailand.(Invited Lecture)

2005. 5;横山 恵信, 古田 直紀;生体試料中の微量元素を定量する際に、ICP-イオントラップ質量分析計(3DQMS)を用いて、問題となるスペクトル干渉の低減; 第66回分析化学討論会,北見.

2005. 5;重田 香織,古田 直紀, 篠原 厚子;アフィニティークロマトグラフィーを利用した血漿中のセレノプロテインの分離精製とその化学形態分析; 第66回分析化学討論会,北見.

2005. 5;杉山 翔一,野尻 史人,古田 直紀,篠原 厚子;Seを投与したマウス体内中でのSe分布の解明; 第66回分析化学討論会,北見.

2005. 5;関 俊樹,町田 亮,古田 直紀;混合ペレットを用いたレーザー照射方法(Single-siteモードとRasterモード)に依存する元素分別効果の評価; 第66回分析化学討論会,北見.

2005. 5;田村 高章,古田 直紀;粒径別大気粉塵に含まれる微量元素の可溶性成分及び不溶性成分の解明; 第66回分析化学討論会,北見.

2005. 5;Naoki Furuta;Long-term monitoring of the concentrations of major and trace elements in size classified particulate matter collected in the megacity of Tokyo and the identification of sources of antimony; 1st International Workshop on Antimony in the Environment,Heidelberg, Germany.(Invited Lecture)

2005. 9;佐藤啓市, 河野恒平, 酒井和広, 古田直紀, 飯島明宏;SEM-EDXを用いたSPM単一粒子の形状及びその組成から推測される微量汚染元素の起源の解明; 第46回大気環境学会年会,名古屋.

2005. 9;飯島明宏, 田村 博, 熊谷貴美代, 酒井和広, 田村高章, 古田直紀;群馬県における粒子状物質高濃度化の原因; 第46回大気環境学会年会,名古屋.

2005. 9;野尻史人, 岡本泰典, 重田香織, 杉山翔一, 古田直紀, 篠原厚子;Se摂取量の異なるマウスにおける臓器、血漿、排泄物(尿及びフン)に含まれるSeのHPLC-ICPMSを用いた化学形態別分析;日本分析化学会第54年会,名古屋.

2005. 9;岡本泰典, 杉山翔一, 古田直紀, 篠原厚子;トレーサーとして静脈注射した同位体質量82セレンのマウス体内分布; 日本分析化学会第54年会,名古屋.

2005. 9;鈴木雄太, 小林修一, 古田直紀;神田川河川水中に含まれる希土類元素の化学形態別分析; 日本分析化学会第54年会,名古屋.

2005. 9;佐藤啓市, 加藤綾乃, 関根悠介, 田村高章, 古田直紀;大気粉塵に含まれる微量汚染元素粒径別ウォッシュアウト機構の解明; 日本分析化学会第54年会,名古屋.

2005. 12;N. Furuta, J. Horigome, Y. Yokoyama;Elimination of spectral interferences for the determination of trace elements in human urine using an ICP-ion trap mass spectrometer; Pacifichem 2005,Honolulu, USA.(Invited Lecture)

2005. 12;N. Furuta, F. Nojiri, K. Shigeta, S. Sugiyama, A. Shinohara;Speciation analysis of selenoproteins in human and mouse plasma by using ICP-MS coupled with micro-column affinity chromatography; Pacifichem 2005,Honolulu, USA.(Invited Lecture)


環境研ホームページに戻る
応用化学科のホームページへ戻る
中央大学理工学部のホームページへ戻る