口頭発表リスト(2005〜2009)


2005年度

2005. 4;Naoki Furuta,Fumito Nojiri and Yasunori Okamoto;Selenium distribution and metabolism in mice administered with 82Se enriched selenite; 2005 Asia-Pacific Winter Conference on Plasma Spectrochemistry,Chiang Mai, Thailand.

2005. 5;横山 恵信, 古田 直紀;生体試料中の微量元素を定量する際に、ICP-イオントラップ質量分析計(3DQMS)を用いて、問題となるスペクトル干渉の低減; 第66回分析化学討論会,北見.

2005. 5;重田 香織,古田 直紀, 篠原 厚子;アフィニティークロマトグラフィーを利用した血漿中のセレノプロテインの分離精製とその化学形態分析; 第66回分析化学討論会,北見.

2005. 5;杉山 翔一,野尻 史人,古田 直紀,篠原 厚子;Seを投与したマウス体内中でのSe分布の解明; 第66回分析化学討論会,北見.

2005. 5;関 俊樹,町田 亮,古田 直紀;混合ペレットを用いたレーザー照射方法(Single-siteモードとRasterモード)に依存する元素分別効果の評価; 第66回分析化学討論会,北見.

2005. 5;田村 高章,古田 直紀;粒径別大気粉塵に含まれる微量元素の可溶性成分及び不溶性成分の解明; 第66回分析化学討論会,北見.

2005. 5;Naoki Furuta;Long-term monitoring of the concentrations of major and trace elements in size classified particulate matter collected in the megacity of Tokyo and the identification of sources of antimony; 1st International Workshop on Antimony in the Environment,Heidelberg, Germany.

2005. 9;佐藤啓市, 河野恒平, 酒井和広, 古田直紀, 飯島明宏;SEM-EDXを用いたSPM単一粒子の形状及びその組成から推測される微量汚染元素の起源の解明; 第46回大気環境学会年会,名古屋.

2005. 9;飯島明宏, 田村 博, 熊谷貴美代, 酒井和広, 田村高章, 古田直紀;群馬県における粒子状物質高濃度化の原因; 第46回大気環境学会年会,名古屋.

2005. 9;野尻史人, 岡本泰典, 重田香織, 杉山翔一, 古田直紀, 篠原厚子;Se摂取量の異なるマウスにおける臓器、血漿、排泄物(尿及びフン)に含まれるSeのHPLC-ICPMSを用いた化学形態別分析;日本分析化学会第54年会,名古屋.

2005. 9;岡本泰典, 杉山翔一, 古田直紀, 篠原厚子;トレーサーとして静脈注射した同位体質量82セレンのマウス体内分布; 日本分析化学会第54年会,名古屋.

2005. 9;鈴木雄太, 小林修一, 古田直紀;神田川河川水中に含まれる希土類元素の化学形態別分析; 日本分析化学会第54年会,名古屋.

2005. 9;佐藤啓市, 加藤綾乃, 関根悠介, 田村高章, 古田直紀;大気粉塵に含まれる微量汚染元素粒径別ウォッシュアウト機構の解明; 日本分析化学会第54年会,名古屋.

2005. 12;N. Furuta, J. Horigome, Y. Yokoyama;Elimination of spectral interferences for the determination of trace elements in human urine using an ICP-ion trap mass spectrometer; Pacifichem 2005,Honolulu, USA.(Invited Lecture)

2005. 12;N. Furuta, F. Nojiri, K. Shigeta, S. Sugiyama, A. Shinohara;Speciation analysis of selenoproteins in human and mouse plasma by using ICP-MS coupled with micro-column affinity chromatography; Pacifichem 2005,Honolulu, USA.(Invited Lecture)


2006年度

2006. 5;渡邊 雄一, 関 俊樹, 佐藤 啓市, 古田 直紀;レーザーアブレーションICP-MSを用いた大気粉塵中微量元素濃度の迅速測定; 第67回分析化学討論会,秋田.

2006. 5;吉岡 隆作,佐藤 啓市, 古田 直紀;三次元四重極質量分析計を用いたICP-MSによる同位体比測定の際に起こる感度減少の解明; 第67回分析化学討論会,秋田.

2006. 5;佐藤 啓市, 河野 恒平, 木下 幸, 田村 高章, 飯島 明宏, 矢野 清子, 古田 直紀;単一粒子計測による東京都心における大気粉塵中のアンチモンの起源の解明; 第67回分析化学討論会,秋田.

2006. 5;木下 幸,佐藤 啓市, 古田 直紀;東京における粒径別大気粉塵の長期モニタリング結果から推察される起源の解明; 第67回分析化学討論会,秋田.

2006. 5;加藤 綾乃, 田村 高章, 佐藤 啓市, 古田 直紀;初期降雨による大気粉塵中微量元素のウォシュアウト時における元素ごとの取り込まれ方の特性; 第67回分析化学討論会,秋田.

2006. 9;杉山 翔一, 篠原 厚子, 古田 直紀;種々のセレン投与期間及び投与量で飼育したマウスの体内におけるセレン代謝機構の解明; 分析化学会第55年会,大阪.

2006. 9;重田 香織, 古田 直紀;全消費型ネブラーザーを試料導入装置として用いたICPMSによる微少量試料の分析; 分析化学会第55年会,大阪.

2006. 9;関 俊樹, 古田 直紀;異なるレーザー照射方法で混合ペレットをアブレートした際の元素分別効果の解明; 分析化学会第55年会,大阪.

2006. 9;横山 恵信, 古田 直紀;HPLC-ICP-イオントラップ質量分析計を用いた生体試料中のFe Cu及びZnの化学形態別分析; 分析化学会第55年会,大阪.

2006. 9;田村 高章, 佐藤 啓市, 古田 直紀;HPLC-ICPMSとHPLC-CCD検出器付きICPAESを用いた粒径別大気粉塵抽出液の多元素化学形態別分析; 分析化学会第55年会,大阪.≪学生奨励賞受賞≫

2006. 9;佐藤 啓市, 飯島 明宏,古田 直紀;SEM-EDXを用いたブレーキダスト由来大気粉塵中のSbの定量; 分析化学会第55年会,大阪.

2006. 9;飯島 明宏, 佐藤 啓市, 矢野 清子,田子 博,熊谷 貴美代,古田 直紀;自動車ブレーキダストの粒径分布および金属元素組成; 第47回大気環境学会,東京.

2006.11;Naoki Furuta,Akihiro Iijima and Keiichi Sato;Long-term monitoring of the concentrations of major and trace elements in size classified airborn particulate matter collected in Tokyo from 1995 to 2005;Second Asia-Pacific Winter Conference on Plasma Spectrochemistry,Bangkok, Thailand.(Invited lecture)

2006.11;Akihiro Iijima, Hiroshi Tago, Kimiyo Kumagai, Kiyoko Yano, Keiichi Sato and Naoki Furuta;Particle size distribution of the automotive brake abrasion dusts and estimation of antimony emission originated from automotive brake pads;Second Asia-Pacific Winter Conference on Plasma Spectrochemistry,Bangkok, Thailand.≪ポスター賞受賞≫

2006.11;Kaori Shigeta and Naoki Furuta;Speciation analysis of selenoprotein p in sub-μL mouse plasma using ICPMS coupled with micro affinity chromatography;Second Asia-Pacific Winter Conference on Plasma Spectrochemistry,Bangkok, Thailand.


2007年度

2007. 5;寺田 明孝, 佐藤 啓市, 古田 直紀;ファイトレメディエーションへの応用を目指した、トマト(Lycopersicon esculentum)による有害微量元素取り込み挙動の解明; 第68回分析化学討論会,宇都宮.

2007. 5;松村 健太郎,重田 香織, 篠原 厚子, 古田 直紀;82Se濃縮溶液静脈注射後のマウス体内におけるセレンの動的代謝機構の解明; 第68回分析化学討論会,宇都宮.

2007. 5;経遠 篤, 佐藤 啓市, 古田 直紀;東京湾海水に含まれる懸濁態(>0.45μm), 高分子体(>10kDa)及び低分子体(<10kDa)中の希土類元素の定量; 第68回分析化学討論会,宇都宮.

2007. 5;池田 智洋,田村 高章, 古田 直紀;東京都心における粒径別大気粉塵(<2μm, 2-11μm, >11μm)の可溶性成分中に含まれる微粒金属元素の化学形態別分析; 第68回分析化学討論会,宇都宮.

2007. 5;佐藤 啓市, 飯島 明宏, 古田 直紀;東京都心における道路沿道及び一般大気中の大気粉塵の形状及び組成の特徴; 第68回分析化学討論会,宇都宮.

2007. 9;加藤 綾乃, 田村 高章, 古田 直紀;初期降雨時における大気粉塵中微量元素のウォッシュアウトによる雨水への取り込まれ方の特性(第2報); 日本分析化学会第56年会,徳島.

2007. 9;渡邊 雄一, 佐藤 啓市, 古田 直紀;レーザーアブレーションICP-MSを用いた迅速測定による黄砂飛来時における大気粉塵成分の日変化の追跡; 日本分析化学会第56年会,徳島.

2007. 9;木下 幸, 飯島 明宏, 佐藤 啓市, 古田 直紀;粒径別大気粉塵及び固定発生源採取試料の分析による東京における大気粉塵の発生源解析; 日本分析化学会第56年会,徳島.

2007. 9;古田 直紀, 杉山 翔一, 重田 香織, 篠原 厚子;Se濃度の異なる飼料で飼育したマウスのSe体内分布とその経時変化; 日本分析化学会第56年会,徳島.(招待講演)

2007. 9;飯島 明宏, 佐藤 啓市, 矢野 清子, 加藤 政彦, 古田 直紀;大気中アンチモンの発生源寄与評価(1)−自動車ブレーキパッドからの排出挙動のキャラクタリゼーション; 第48回大気環境学会年会,岡山.

2007. 9;佐藤 啓市, 飯島 明宏, 伊藤 彩季子, 古田 直紀;大気中アンチモンの発生源寄与評価(2)−道路近傍におけるアンチモンの濃度分布−; 第48回大気環境学会年会,岡山.

2007. 9;N. Furuta;Speciation Studies in Environmentaland Biological Systems - Application to Sb and Se -; Colloquium Spectroscopicum Internationale XXXV,Xiamen.

2007. 9;K. Sato, A. Iijima, S. Ito, N. Furuta;Evaluation of Source Contribution to Atmospheric Antimony - Antimony Concentration Distribution nearby a Roadway -; Colloquium Spectroscopicum Internationale XXXV,Xiamen.

2007. 9;A. Iijima, K. Sato, K. Yano, K. Kozawa, N. Furuta;Evaluation of Source Contribution to Atmospheric Antimony - Characteristics of Antimony Emission from Brake Pads -; Colloquium Spectroscopicum Internationale XXXV,Xiamen.

2007. 9;K. Shigeta, K. Sato, N. Furuta;Determination of Selenoprotein P in Submicroliter Samples of Human Plasma Using Micro Affinity Chromatography Coupled with Low Flow ICPMS; Colloquium Spectroscopicum Internationale XXXV,Xiamen.
≪ RSC 最優秀ポスター賞受賞 ≫

2007. 9;R. Yoshioka, K. Sato, N. Furuta;Application of ICP-3DQMS to Isotope Dilution Analysis for Selenium in Biological Samples; Colloquium Spectroscopicum Internationale XXXV,Xiamen.

2007. 11;N. Furuta, K. Sato;Bulk Analysis and Single Particle Analysis of Size-classified Airborne Particulate Matter; 11th International Symposium on Biological and Environmental Reference Materials,Tsukuba.(Invited Lecture)

2007. 12;N. Furuta, K. Shigeta, K. Matsumura, A. Shinohara;Selenium Speciation Studies and Elucidation of Dynamic Pathway of Se Metabolism in Mice; Internaytional Symposium on Metallomics 2007,Nagoya.(Invited Lecture)

2007. 12; K. Shigeta, K. Matsumura, A. Shinohara, N. Furuta;Selenium Distribution and Speciation Dynamics for Mice Injected with 82Se-enriched Selenite; Internaytional Symposium on Metallomics 2007,Nagoya.

2008. 1; N. Furuta;Elemental Speciation; 2008 Winter Conference on Plasma Spectrochemistry,Temecula.

2008. 1; K. Shigeta, K. Matsumura, A. Shinohara, N. Furuta;Selenium Distribution and Dynamic Pathway of Selenium Species in Selenium-Deficient Mice injekted with 82Se-enriched Selenite; 2008 Winter Conference on Plasma Spectrochemistry,Temecula.
≪ポスター賞受賞 ≫

2008. 1; K. K. Sato, A. Iijima, N. Furuta;Characteristics of Nano-sized Airborne Particulatematter Collected in Tokyo; 2008 Winter Conference on Plasma Spectrochemistry,Temecula.

2008. 1; A. Iijima, H. Tago, K. Kumagai, M. Kato, K. Kozaaw, K. Sato, N. Furuta;Seasonal Variation of Lead Isotope Ratios Elemental Constituent in Fine Airborne Particles Collected in Kanto Area froom 2003 to 2006; 2008 Winter Conference on Plasma Spectrochemistry,Temecula.
≪ Meinhard Outstanding Student ポスター賞受賞 ≫


2008年度

2008. 5;金 順玉, 木下 幸, 古田 直紀;ICP-AESによる大気粉塵中の硫黄の全量分析; 第69回分析化学討論会,名古屋.

2008. 5;大蔵 稔, 赤塚 勇二, 寺田 明孝, 古田 直紀;水耕栽培で育てたトマト(Lycopersicon esculentum)における亜鉛取り込み過程の解明; 第69回分析化学討論会,名古屋.

2008. 5;橋浦 義輝, 重田 香織, 篠原 厚子, 古田 直紀;マウスの肝臓及び腎臓における細胞内セレンタンパク質の経時変化の追跡; 第69回分析化学討論会,名古屋.

2008. 5;重田 香織, 松村 健太郎, 篠原 厚子, 古田 直紀;82Se濃縮亜セレン酸溶液の静脈注射後のセレン欠乏マウス体内におけるセレン分布及びその動的代謝機構; 第69回分析化学討論会,名古屋.

2008. 5;古田 直紀;粒径別大気粉塵モニタリングの新展開; 第69回分析化学討論会,名古屋.(依頼講演)

2008. 5;倉田 圭悟, 経遠 篤, 古田 直紀;河川水及び海水中のハロゲンの化学形態別分析; 第69回分析化学討論会,名古屋.

2008. 5;石見 啓太, 渡邉 雄一, 古田 直紀;二次元電気泳動河川水及び海水中のハロゲンの化学形態別分析; 第69回分析化学討論会,名古屋.

2008. 6;古田 直紀;ICPMSの環境分野への応用; サーモフィッシャーサイエンティフィック エレメンタルセミナー,東京・大阪.

2008. 9;松村 健太郎, 重田 香織, 鈴木 美成, 古田 直紀;ICPMSを用いた高マトリックス溶液中のSeの定量における干渉補正法の検討及び生体試料への応用; 日本分析化学会第57年会,福岡.

2008. 9;寺田 明孝, 鈴木 美成, 古田 直紀;ファイトメディエーションへの応用を目指した、トマトによるZn取り込み挙動の解明; 日本分析化学会第57年会,福岡.

2008. 9;目黒 太一, 山岸 悦男, 宮原 秀一, 中島 尚紀, 嶋田 隆一, 堀田 栄喜, 古田 直紀, 沖野 晃俊;ドロプレット試料導入フリーランニングICPの周波数特性の解析; 日本分析化学会第57年会,福岡.

2008. 9;池田 智洋, 鈴木 美成, 古田 直紀;東京都心における2.1μm以下の大気粉塵の可溶性成分に含まれるアンチモンの化学形態別分析; 日本分析化学会第57年会,福岡.

2008. 9;経遠 篤, 鈴木 美成, 古田 直紀;東京湾海水中に含まれる懸濁態(>0.45μm)、高分子体(>10kDa)及び低分子体(<10kDa)中の希土類元素の定量; 日本分析化学会第57年会,福岡.

2008. 9;飯島 明宏, 熊谷 貴美代, 佐藤 啓市, 木下 幸, 齋藤 由倫, 藤田 雅弘, 古田 直紀;各種発生源から大気に排出される粒子状物質のプロファイリング; 第49回大気環境学会年会,金沢.

2008. 11; N. Furuta;Identification of antimony sources in fine airborne particulate matter collected in Tokyo; 2008 Third Asia-Pacific Winter Conference on Plasma Spectrochemistry,Tsukuba.(Invited Lecture)

2008. 11; K. Shigeta, N. Furuta, D. Profrock, A. Prange;Fractionation and investigation of Se-containing proteins in seal plasma by using affinity chromatography coupled to ICP-MS; 2008 Third Asia-Pacific Winter Conference on Plasma Spectrochemistry,Tsukuba.≪ICP Information Newsletter ポスター賞受賞≫

2008. 11; M. Okura, A. Terada, Y. Suzuki, N. Furuta;Speciation analysis of zinc and cadmium in tomato (Lycopersicon esculentum) by HPLC-ICPMS; 2008 Third Asia-Pacific Winter Conference on Plasma Spectrochemistry,Tsukuba.

2008. 11; K. Ishimi, Y. Suzuki, N. Furuta;Speciation analysis of Se in extracellular glutathion peroxidase , selenoprotein P and Se-containing albumin in human serum using gel electrophoresis and LA-ICPMS; 2008 Third Asia-Pacific Winter Conference on Plasma Spectrochemistry,Tsukuba.

2008. 11; Y. Hashiura, K. Shigeta, Y. Suzuki, A. Shinohara, N. Furuta;Time dependent change of cellular selenoproteins in Liver and kidney of mice under defferent Se statuses; 2008 Third Asia-Pacific Winter Conference on Plasma Spectrochemistry,Tsukuba.

2008. 11; Y. Suzuki, N. Furuta;Sulfer determination in peptide using nano HPLC coupled with ICPMS; 2008 Third Asia-Pacific Winter Conference on Plasma Spectrochemistry,Tsukuba.

2008. 11; A. Iijima, K. Sato, K. Kumagai, Y. Saito, M. Fujita, N. Furuta;Single particle analysis of airborne particulate matter by using SEM-EDX(U): profilling of particle size, shape, and elemental composition of airborne particulates from various emission sources; 2008 Third Asia-Pacific Winter Conference on Plasma Spectrochemistry,Tsukuba.

2008. 11; K. Sato, A. Iijima, N. Furuta;Single particle analysis of airborne particulate matter by using SEM-EDX(T): determination method for trace elements in single airborne particulate; 2008 Third Asia-Pacific Winter Conference on Plasma Spectrochemistry,Tsukuba.

2008. 12; K. Sato, A. Iijima, N. Furuta;Characterization of fine airborne particulate collected in Tokyo and major atomospheric emission sources by using single particle measurment of SEM-EDX; 2008 AGU FALL MEETING,San Fracisco.

2008. 12; A. Iijima, K. Sato, Y. Fujitani, K. Tanabe, T. Ohara, M. Shimoda, K. Kizawa, N. Furuta;Source identification of airborne antimony on the basis of the field monitoring and the source profiling; 2008 AGU FALL MEETING,San Fracisco.


2009年度

2009. 5; N. Furuta: Determination of Rare Earth Elements in River and Sea Water -Identification of Gadolinium Anomaly-; The Environmental Analytical Laboratory of EPA (NEAL); Junli, Taiwan.(Invited Lecture)

2009. 5; N. Furuta: Long-term Monitoring of Major and Trace Elements in Airborne Particulate Matter from 1995 to 2008 -Identification of Antimony Sorces-; The Environmental Analytical Laboratory of EPA (NEAL); Junli, Taiwan.(Plenary Lecture)

2009. 5; 佐久間 啓範, 鈴木 美成, 古田 直紀: オンラインカラムを用いた分離・ 濃縮とICP-AESとを結合させた河川水・海水中の微量元素の定量; 第70回分析化学討論会, 和歌山.

2009. 5; 菊地 真代, 鈴木 美成, 古田 直紀: nanoHPLCで分離したペプチドをICPMS及びUVを用いて測定することによる,イオウを含むペプチドの定量; 第70回分析化学討論会, 和歌山.

2009. 5; 向井 達也, 鈴木 美成, 古田 直紀: ICP-3DQMSを用いたプレカラム同位体希釈分析法によるセレンイースト標準物質中のセレノメチオニンの定量; 第70回分析化学討論会, 和歌山.

2009. 5; 匹田 慎平, 鈴木 美成, 古田 直紀: 粒径別大気粉塵に含まれる微量元素の雨水への取り込み過程の解明; 第70回分析化学討論会,和歌山.

2009. 6; Y. Suzuki, N. Furuta: Multi-element determination in peptides using nano HPLC coupled with ICPMS; International Symposium on Metallomics(iSM); Cincinnati, USA.

2009. 6; N. Furuta, Y. Suzuki : Distribution and metabolism of selenium in mice injected with 82Se enriched selenite; International Symposium on Metallomics(iSM); Cincinnati, USA.

2009. 9; 古田直紀: 質量分析法の基礎と応用; 東京コンファレンス2009, 幕張.

2009. 9; 倉田 圭悟, 鈴木 美成, 古田 直紀: 水道水中に含まれる臭化物イオン及び臭素酸イオン以外の臭素化合物の同定及び定量;日本分析化学会第58年会,札幌.

2009. 9; 橋浦 義輝, 松川 岳久, 篠原 厚子, 鈴木 美成, 古田 直紀: 82Se濃縮亜セレン酸と82Se濃縮セレノメチオニンをマウスに静脈注射した後の肝臓及び腎臓におけるセレン化合物の経時変化の相違;日本分析化学会第58年会,札幌.

2009. 9; 大藏 稔, 鈴木 美成, 古田 直紀: 水耕栽培で育てたトマト(Lycopersicon esculentum)の根から放出される有機酸の同定;日本分析化学会第58年会. 札幌.

2009. 9; 石見 啓太, 鈴木 美成, 古田 直紀: 肝臓に含まれるセレノプロテインP(Sel-P)の検出;日本分析化学会第58年会,札幌.

2009. 9; 飯島 明宏, 佐藤 啓市, 藤谷 雄二, 藤森 英治, 齊藤 由倫, 田邊 潔, 大原 利眞, 小澤 邦壽, 古田 直紀: 大気エアロゾル中アンチモンの発生源解析; 第50回大気環境学会年会,横浜.

2009. 11; A. Iijima, K. Sato, T. Ikeda, H. Sato, K. Kozawa and N. Furuta: Speciation of antimony(V)and antimony(X)present in size-classified airborne particulate matter; Asian Aerosol Conference AAC09; Bangkok, Thailand.

2009. 11; N. Furuta, Y. Suzuki, and A. Okino: Determination of sulfur and phosphorous in peptides using ICPMS coupled with nano HPLC; 11th ISMAS Triennial International Conference on Mass Spectrometry; Hyderabad, India. (Invited Lecture)


環境研ホームページに戻る
応用化学科のホームページへ戻る
中央大学理工学部のホームページへ戻る