口頭発表リスト(2002)


2002年度

2002. 9;Naoki Furuta;Required Instrumentation for the Next Step of Trace Elemntal Analysis; 8th International Conference on Plasma Source Mass Spectrometry,Durham, England.(Invited Lecture)

2002. 9;佐野友一,大畑昌輝, 古田直紀, 篠原厚子;尿中に検出される未知セレン化合物の化学形態の解明; 日本分析化学会第51年会,札幌.

2002. 9;西村康宏,大畑昌輝, 古田直紀, 鍋島貴之;ICP-3DQMSによる鉛同位体比の評価; 日本分析化学会第51年会,札幌.

2002. 9;大畑昌輝, 古田直紀;レーザー誘起プラズマ(LIP)からの原子発光を用いたLA-ICP-MSにおけるレーザーデフォーカス効果の検討;Ar及びHeキャリアーガス条件におけるLIP発光及びLA-ICP-MS信号の比較; 日本分析化学会第51年会,札幌.

2002. 9;水戸誠哉,大畑昌輝, 古田直紀;全自動オンラインカラムシステムを取り付けたICP-MSにより検出された神田川のガドリニウムの正の異常; 日本分析化学会第51年会,札幌.

2002. 9;村上雅彦, 古田直紀;HDEHP含侵PTEFフィルター・チューブを用いた海水中希土類元素の前濃縮/ICP-MS定量; 日本分析化学会第51年会,札幌.

2002. 9;谷田部謙二郎,大畑昌輝, 古田直紀, 杉山尚樹, 阪田健一;低流量アルゴンで維持できるプラズマトーチを用いたICP-MSにおける共存元素効果の検討と水道水の分析への応用; 日本分析化学会第51年会,札幌.

2002. 9;神戸亜季子,飯島明宏, 大畑昌輝, 古田直紀;粒径別モニタリングによる大気粉塵中の微量元素分析及びその季節変化; 日本分析化学会第51年会,札幌.

2002. 9;土屋良子,大畑昌輝, 古田直紀;地域別にサンプリングした大気粉塵中に含まれる微量元素の比較;大気粉塵から抽出されるSb(V)とSb(X)の分別定量; 日本分析化学会第51年会,札幌.

2003. 1;Masaki Ohata and Naoki Furuta; Effects of Laser Deforcusing and He Gas on Laser Ablation Inductively Coupled Plasma Mass Spectrometry(LA-ICP-MS)using Emission Signals from a Laser-induced Plasma(LIP); 2003 European Winter Conferrence,Garmisch-Partenkilchen, Germany.

2003. 1;Naoki Furuta;Selenium Determination and Lead Isotopic Measurements by ICP Ion Trap Mass Spectrometry; 2003 European Winter Conferrence,Garmisch-Partenkilchen, Germany.(Invited Lecture)


環境研ホームページに戻る
応用化学科のホームページへ戻る
中央大学理工学部のホームページへ戻る