口頭発表リスト(2000)


2000年度

2000. 5;飯島明宏,吉永典昭,萩野純香,古田直紀;大気粉塵中に含まれる微量元素の粒径別モニタリングによる発生源の解明; 第61回分析化学討論会,長岡.

2000. 5;金子順恵,大畑昌輝,鄭建,古田直紀,金沢慶人,稲葉次紀;アークプラズマ処理前と処理後の土壌成分及び溶出元素の比較; 第61回分析化学討論会,長岡.

2000. 5;Jian Zheng, Masaki Ohata, Naoki Furuta;Speciation of antimony in airborne particulate matter using HPLC-ICP-MS; 第61回分析化学討論会,長岡.

2000. 5;鍋島貴之,橋本雄一郎,平林集,竹田明弘,古田直紀;イオントラップ型ICP-MSを用いた分子イオン解離; 第61回分析化学討論会,長岡.

2000. 5;Jian Zheng, Masaki Ohata, Naoki Furuta;Speciation of Selenium using ICP-MS Coupled with Chromatographic Separation; 第61回分析化学討論会,長岡.

2000. 5;竹田明弘,古田直紀,鍋島貴之,平林集;ICP-3DQMSにおけるマトリックス分子イオンの衝突解離パラメータの検討; 第61回分析化学討論会,長岡.

2000. 5;岩崎善弘,大畑昌輝,安田博幸,古田直紀;ICP-MSのためのレーザーアブレーション試料導入法における、レーザーと固体試料表面との相互作用の基礎研究:レーザー誘起プラズマ(LIP)の分光学的特性; 第61回分析化学討論会,長岡.

2000. 8;齋藤晃,土屋良子,柳川文,飯島明宏,大谷友広,古田直紀;中央大学理工学部応用化学科環境化学研究室紹介; 第4回分析化学東京シンポジウム2000機器分析東京討論会,幕張メッセ国際会議場(千葉).

2000. 9;Masaki Ohata, Yoshihiro Iwasaki, Hiroyuki Yasuda and Naoki Furuta;Studies on Laser Defocusing Effects on Laser Ablation Inductively Coupled Plasma Atomic Emission Spectrometry and Mass Spectrometry (LA-ICP-AES/MS) by using Emission Signals form Laser Induced Plasma (LIP); The 7th International Conference on Plasma Source Mass Spectrometry, University of Durham (England).

2000. 9;Naoki Furuta;Evaluation of Inductively Coupled Plasma-Ion Trap Mass Spectrometry; The 7th International Conference on Plasma Source Mass Spectrometry, University of Durham (England).(Invited Lecture)

2000. 9;Jian Zheng, Masaki Ohata, Akihiro Takeda and Naoki Furuta;Identification of Antimony Compounds in Aqueous Solution: A Study by using HPCL-ICP-MS and ES-MS; 日本分析化学会第49回年会,岡山大学.

2000. 9;神村雄一郎,古田直紀;真空紫外線領域の波挑戦を用いたICP-AESによる水道水中のCl、Br、Iの定量 −中央大学後楽園校舎と多摩校舎との比較−; 日本分析化学会第49回年会,岡山大学.

2000. 9;安田博幸,岩崎善弘,大畑昌輝,古田直紀;レーザー励起発光をモニターしてアブレート量を補正するレーザーアブレーションICP質量分析法(第2報) −精度及び正確さの改善−; 日本分析化学会第49回年会,岡山大学.

2000. 9;大畑昌輝,岩崎善弘,安田博幸,古田直紀;ICP-MSのためのレーザーアブレーション試料導入法における、レーザーと固体試料表面の相互作用の基礎研究(第2報) −固体試料と粉末飼料の違い−; 日本分析化学会第49回年会,岡山大学.

2000. 9;井出川玲子,大畑昌輝,古田直紀;レーザーアブレーションICP-MSによる樹木中に含まれる微量元素の定量; 日本分析化学会第49回年会,岡山大学.

2000. 9;鍋島貴之,平林集,竹田明弘,古田直紀;LC-ICP-3DQMSの基礎検討; 日本分析化学会第49回年会,岡山大学.

2000. 12;Jian Zheng, Masaki Ohata, Akihiro Takeda and Naoki Furuta;Analytical Performance of ICP-QMS as Element-specific Detectors of HPLC for the Speciation of Selenium; 2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Hawaii(アメリカ).(Invited Lecture)

2000. 12;Naoki Furuta;Antimony and Selenium Speciation by using HPLC-ICP-MS and Electrospray MS; 2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Hawaii(アメリカ).

2001. 3;大谷友広,古田直紀,齋藤晃;地上に到達する紫外線量に対する大気汚染分子による影響 −東京とつくばにおける紫外線量の比較−;日本化学会第79春季年会、甲南大学(兵庫県).


環境研ホームページに戻る
応用化学科のホームページへ戻る
中央大学理工学部のホームページへ戻る