口頭発表リスト(2000〜2004)


2000年度

2000. 5;飯島明宏,吉永典昭,萩野純香,古田直紀;大気粉塵中に含まれる微量元素の粒径別モニタリングによる発生源の解明; 第61回分析化学討論会,長岡.

2000. 5;金子順恵,大畑昌輝,鄭建,古田直紀,金沢慶人,稲葉次紀;アークプラズマ処理前と処理後の土壌成分及び溶出元素の比較; 第61回分析化学討論会,長岡.

2000. 5;Jian Zheng, Masaki Ohata, Naoki Furuta;Speciation of antimony in airborne particulate matter using HPLC-ICP-MS; 第61回分析化学討論会,長岡.

2000. 5;鍋島貴之,橋本雄一郎,平林集,竹田明弘,古田直紀;イオントラップ型ICP-MSを用いた分子イオン解離; 第61回分析化学討論会,長岡.

2000. 5;Jian Zheng, Masaki Ohata, Naoki Furuta;Speciation of Selenium using ICP-MS Coupled with Chromatographic Separation; 第61回分析化学討論会,長岡.

2000. 5;竹田明弘,古田直紀,鍋島貴之,平林集;ICP-3DQMSにおけるマトリックス分子イオンの衝突解離パラメータの検討; 第61回分析化学討論会,長岡.

2000. 5;岩崎善弘,大畑昌輝,安田博幸,古田直紀;ICP-MSのためのレーザーアブレーション試料導入法における、レーザーと固体試料表面との相互作用の基礎研究:レーザー誘起プラズマ(LIP)の分光学的特性; 第61回分析化学討論会,長岡.

2000. 8;齋藤晃,土屋良子,柳川文,飯島明宏,大谷友広,古田直紀;中央大学理工学部応用化学科環境化学研究室紹介; 第4回分析化学東京シンポジウム2000機器分析東京討論会,幕張メッセ国際会議場(千葉).

2000. 9;Masaki Ohata, Yoshihiro Iwasaki, Hiroyuki Yasuda and Naoki Furuta;Studies on Laser Defocusing Effects on Laser Ablation Inductively Coupled Plasma Atomic Emission Spectrometry and Mass Spectrometry (LA-ICP-AES/MS) by using Emission Signals form Laser Induced Plasma (LIP); The 7th International Conference on Plasma Source Mass Spectrometry, University of Durham (England).

2000. 9;Naoki Furuta;Evaluation of Inductively Coupled Plasma-Ion Trap Mass Spectrometry; The 7th International Conference on Plasma Source Mass Spectrometry, University of Durham (England).

2000. 9;Jian Zheng, Masaki Ohata, Akihiro Takeda and Naoki Furuta;Identification of Antimony Compounds in Aqueous Solution: A Study by using HPCL-ICP-MS and ES-MS; 日本分析化学会第49回年会,岡山大学.

2000. 9;神村雄一郎,古田直紀;真空紫外線領域の波挑戦を用いたICP-AESによる水道水中のCl、Br、Iの定量 −中央大学後楽園校舎と多摩校舎との比較−; 日本分析化学会第49回年会,岡山大学.

2000. 9;安田博幸,岩崎善弘,大畑昌輝,古田直紀;レーザー励起発光をモニターしてアブレート量を補正するレーザーアブレーションICP質量分析法(第2報) −精度及び正確さの改善−; 日本分析化学会第49回年会,岡山大学.

2000. 9;大畑昌輝,岩崎善弘,安田博幸,古田直紀;ICP-MSのためのレーザーアブレーション試料導入法における、レーザーと固体試料表面の相互作用の基礎研究(第2報) −固体試料と粉末飼料の違い−; 日本分析化学会第49回年会,岡山大学.

2000. 9;井出川玲子,大畑昌輝,古田直紀;レーザーアブレーションICP-MSによる樹木中に含まれる微量元素の定量; 日本分析化学会第49回年会,岡山大学.

2000. 9;鍋島貴之,平林集,竹田明弘,古田直紀;LC-ICP-3DQMSの基礎検討; 日本分析化学会第49回年会,岡山大学.

2000. 12;Jian Zheng, Masaki Ohata, Akihiro Takeda and Naoki Furuta;Analytical Performance of ICP-QMS as Element-specific Detectors of HPLC for the Speciation of Selenium; 2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Hawaii(アメリカ).

2000. 12;Naoki Furuta;Antimony and Selenium Speciation by using HPLC-ICP-MS and Electrospray MS; 2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Hawaii(アメリカ).

2001. 3;大谷友広,古田直紀,齋藤晃;地上に到達する紫外線量に対する大気汚染分子による影響 −東京とつくばにおける紫外線量の比較−;日本化学会第79春季年会、甲南大学(兵庫県).


2001年度

2001. 5;土屋良子,飯島明宏,萩野純香,吉永典昭,古田直紀;都市及び地方でサンプリングした大気粉塵中に含まれる微量元素の比較; 第62回分析化学討論会,松本.

2001. 5;柳川文,廣瀬真由美,古田直紀;茶葉試料中に含まれる重金属の化学形態別分析;日本茶と中国茶の比較; 第62回分析化学討論会,松本.

2001. 5;谷田部謙二郎,宮原秀一,大畑昌樹,古田直紀,杉山尚樹,阪田健一;アルゴンガス低流量プラズマのイオン化温度測定; 第62回分析化学討論会,松本.

2001. 5;大畑昌輝,岩崎善弘,古田直紀;レーザー誘起プラズマ(LIP)からの原子発光を用いた,LA-ICP-AES/MSにおけるレーザーデフォーカス効果の検討;固体試料と粉末飼料の比較; 第62回分析化学討論会,松本.

2001. 5;水戸誠哉,長尾圭悟,大畑昌輝,古田直紀;全自動オンラインカラムICP-MSを用いた環境試料中の微量元素の分離と濃縮; 第62回分析化学討論会,松本.

2001. 8;Masaki Ohata, Hiroyuki Yasuda and Naoki Furuta ; Laser Ablation Inductively Coupled Plasma Mass Spectrometry(LA-ICP-MS) with Correction of the Ablated Amount by using Emission Signals from Laser-induced Plasma(LIP); ICAS 2001,東京.

2001. 8;Naoki Furuta and Jian Zheng ; Application of Hyphenated Techniques to Selenium Compounds in Human Urine ; ICAS 2001,東京.

2001. 8;Jian Zheng, Masaki Ohata, Akihiro Takeda, Akihiro Iijima and Naoki Furuta ; Analytical Strategy for the Speciation of Antimony and Chromium with Emphasis on tne Preservation of Species; ICAS 2001,東京.

2001. 9;古田直紀;人間活動に伴い環境中に放出された汚染元素の化学形態別分析; 日本化学会第80秋季年会,千葉.

2001. 9;齋藤晃, 古田直紀;成層圏オゾン層の減少と地上に到達する紫外線量の増加に関する研究−北海道陸別とつくばにおける紫外線量の比較−; 日本化学会第80秋季年会,千葉.

2001. 10;古田直紀;ICPを用いた発光分析法と質量分析法の最近の進歩; 日本分光学会光源・環境部会合同シンポジウム,東京.

2001. 11;岩崎善弘,大畑昌輝, 古田直紀;レーザー誘起プラズマ(LIP)からの発光強度を用いた、レーザーアブレーションICP質量分析法における質量分別効果の検討; 日本分析化学会第50年年会,熊本.

2001. 11;大畑昌輝,佐野友一, 古田直紀, Jian Zheng,篠原厚子;混合イオン対逆相クロマトグラフィー誘導結合プラズマ質量分析法を用いた、マウス尿中に含まれるSeの化学形態別分析; 日本分析化学会第50年年会,熊本.

2001. 11;村上雅彦,高田健夫, 古田直紀;HDEHP 含浸PTFEフィルター・チューブを用いた海水中In(V)の前濃縮/ICP-MS定量; 日本分析化学会第50年年会,熊本.

2001. 11;竹田明弘,古田直紀, 鍋島貴之;尿中に含まれる微量元素の定量を目指した、ICP-3DQMSの最適化; 日本分析化学会第50年年会,熊本.

2001. 11;金子順恵,大畑昌輝, Jian Zheng, 古田直紀, 久保祐也, 井上順恵, 稲葉次紀;アークプラズマ処理時間を変化させて生成した焼却飛灰スラグの成分及び溶出元素の評価; 日本分析化学会第50年年会,熊本.

2002. 1;Naoki Furuta, Masaki Ohata and Yuichi Sano;Selenium Speciation of Urine Samples by LC-ICP-MS and Electrospray MS; 2002 Plasma Winter Conference at Scottsdale, Arizona.


2002年度

2002. 9;Naoki Furuta;Required Instrumentation for the Next Step of Trace Elemntal Analysis; 8th International Conference on Plasma Source Mass Spectrometry,Durham, England(基調講演).

2002. 9;佐野友一,大畑昌輝, 古田直紀, 篠原厚子;尿中に検出される未知セレン化合物の化学形態の解明; 日本分析化学会第51年会,札幌.

2002. 9;西村康宏,大畑昌輝, 古田直紀, 鍋島貴之;ICP-3DQMSによる鉛同位体比の評価; 日本分析化学会第51年会,札幌.

2002. 9;大畑昌輝, 古田直紀;レーザー誘起プラズマ(LIP)からの原子発光を用いたLA-ICP-MSにおけるレーザーデフォーカス効果の検討;Ar及びHeキャリアーガス条件におけるLIP発光及びLA-ICP-MS信号の比較; 日本分析化学会第51年会,札幌.

2002. 9;水戸誠哉,大畑昌輝, 古田直紀;全自動オンラインカラムシステムを取り付けたICP-MSにより検出された神田川のガドリニウムの正の異常; 日本分析化学会第51年会,札幌.

2002. 9;村上雅彦, 古田直紀;HDEHP含侵PTEFフィルター・チューブを用いた海水中希土類元素の前濃縮/ICP-MS定量; 日本分析化学会第51年会,札幌.

2002. 9;谷田部謙二郎,大畑昌輝, 古田直紀, 杉山尚樹, 阪田健一;低流量アルゴンで維持できるプラズマトーチを用いたICP-MSにおける共存元素効果の検討と水道水の分析への応用; 日本分析化学会第51年会,札幌.

2002. 9;神戸亜季子,飯島明宏, 大畑昌輝, 古田直紀;粒径別モニタリングによる大気粉塵中の微量元素分析及びその季節変化; 日本分析化学会第51年会,札幌.

2002. 9;土屋良子,大畑昌輝, 古田直紀;地域別にサンプリングした大気粉塵中に含まれる微量元素の比較;大気粉塵から抽出されるSb(V)とSb(X)の分別定量; 日本分析化学会第51年会,札幌.

2003. 1;Masaki Ohata and Naoki Furuta; Effects of Laser Deforcusing and He Gas on Laser Ablation Inductively Coupled Plasma Mass Spectrometry(LA-ICP-MS)using Emission Signals from a Laser-induced Plasma(LIP); 2003 European Winter Conferrence,Garmisch-Partenkilchen, Germany.

2003. 1;Naoki Furuta;Selenium Determination and Lead Isotopic Measurements by ICP Ion Trap Mass Spectrometry; 2003 European Winter Conferrence,Garmisch-Partenkilchen, Germany(招待講演).


2003年度

2003. 5;大畑昌輝, 古田直紀;レーザー誘起プラズマ(LIP)からの原子発光を用いた LA-ICP-MS におけるレーザーデフォーカス効果の検討(第2報);Ar または He ガス条件における元素の分別効果の比較; 第64回分析化学討論会,高知.

2003. 9;Naoki Furuta, Masaki Ohata, Yuichi Sano and Atsuko Shinohara;The Use of HPLC-ICPMS and ESI-Q-TOFMS for Identification of the Unknown Selenium Compound in Human and Mouse Urine; Colloquium Spectroscopicum Internatinale XXXIII,Granada, Spain.

2003. 9;Masaki Ohata and Naoki Furuta;Dtermination of Rare Earth Elements(Rees) in Airborn Particulate matter(APM) by Using Laser Ablation Inductively coupled Plasma Mass Spectrometry(LA-ICP-MS); Colloquium Spectroscopicum Internatinale XXXIII,Granada, Spain.

2003. 9;村上雅彦,古田直紀;HDEHP/TOPO含侵PTFEフィルター・チューブを用いたオンライン前濃縮/ICP-MSによる海水中希土類元素の定量; 日本分析化学会第52年会,仙台.

2003. 9;長崎和之,大畑昌輝, 古田直紀;全自動オンラインカラムICP-MSを用いた下水処理場から河川に流出されるGdの定量; 日本分析化学会第52年会,仙台.

2003. 9;佐野友一,大畑昌輝, 古田直紀, 篠原厚子;マウスの各臓器に含まれるセレン分布の解明; 日本分析化学会第52年会,仙台.

2003. 9;西村康宏,大畑昌輝, 古田直紀, 鍋島貴之;ICP-3DQMSを用いた同位体比測定における質量差別効果の評価; 日本分析化学会第52年会,仙台.

2003. 9;島尾英里子,大畑昌輝, 古田直紀;LA-ICP-MSによる、葉の表面に付着したダスト中の微量汚染元素の測定; 日本分析化学会第52年会,仙台.

2003. 9;神戸亜季子,大畑昌輝, 古田直紀;微量元素成分を用いた、自動車による大気粉塵への影響評価; 日本分析化学会第52年会,仙台.

2003. 9;酒井和広,大畑昌輝, 古田直紀;大気粉塵及び雨水中の希土類元素の定量; 日本分析化学会第52年会,仙台.

2003. 9;町田亮,大畑昌輝, 古田直紀;超音波ネブラーザーを結合させたレーザーアブレーションICP-MSによる定量手法の開発; 日本分析化学会第52年会,仙台.

2003. 9;大畑昌輝, 古田直紀;LA-ICP-MSによる大気粉塵中に含まれる希土類元素の定量; 日本分析化学会第52年会,仙台.

2003. 9;古田直紀, 佐野友一, 大畑昌輝, 篠原厚子;HPLC-ICPMSとESI-Q-TOFMSを用いた、ヒトとマウスの尿中に検出される未知セレン化合物の同定; 日本分析化学会第52年会,仙台.

2003. 9;堀込純,大畑昌輝, 古田直紀, 鍋島貴之;ICP-3DQMSによる尿中のSeを測定する際に問題となるスペクトル干渉の低減; 日本分析化学会第52年会,仙台.


2004年度

2004. 5;石田貴裕,神戸亜季子, 酒井和広, 大畑昌輝, 古田直紀;粒径別大気粉塵の総量及びそれらに含まれる元素濃度と各種気象パラメーターとの相関; 第65分析化学討論会,那覇.

2004. 5;野尻史人,佐野友一, 大畑昌輝, 古田直紀, 篠原厚子;マウスの血漿及び臓器に含まれるSeの全量及び化学形態分析; 第65分析化学討論会,那覇.

2004. 8;Naoki Furuta, Masaki Ohata, Yoshihiro Iwasaki, Ryo Machida and Isaac B. Brenner;Fractionation Effects in a Defocused Laser-induced Plasma and Laser Abulation Iductively Coupled Plasma Mass Spectrometry; The 50th International Coference on Analytical Sciences and Spectrometry,Halifax.

2004. 9;村上雅彦,古田直紀;HDEHP/TOPO含侵PTFEフィルター・チューブを用いたオンライン前濃縮/ICP-MSによる海水中希土類元素の定量(第二報); 日本分析化学会第53年会,千葉.

2004. 9;長崎和之,古田直紀;下水処理場の分解処理過程におけるGd化合物の形態分析; 日本分析化学会第53年会,千葉.

2004. 9;町田亮, 古田直紀;異なる粒径の鉄粉ディスクをアブレートした時のLA-ICPMS信号の変化; 日本分析化学会第53年会,千葉.

2004. 9;堀込純, 古田直紀, 鍋島貴之;ICP-イオントラップ質量分析装置を用いた生体中のFe及びSeを測定する際に問題となるスペクトル干渉の低減; 日本分析化学会第53年会,千葉.

2004. 9;酒井和広, 古田直紀;大気粉塵中に高濃度に濃縮されているアンチモン(Sb)の発生源は何か?; 日本分析化学会第53年会,千葉.


環境研ホームページに戻る
応用化学科のホームページへ戻る
中央大学理工学部のホームページへ戻る