口頭発表リスト(1996)


1996年度

1996. 5;古田直紀;ICPとMIPのプラズマ診断 −発光強度分布、温度分布、それに電子密度分布−,日本分光学会平成8年度春季講演会,東京(招待講演)

1996. 5;河本清高,古田直紀;ICP質量分析計を用いた同位体希釈分析による河川水標物質中の鉛の高精度分析,第57回分析化学討論会,松山.

1996. 5;大畑昌輝,古田直紀;高出力窒素MIP光源の分析化学的特性:発光分析法による検出感度のICP光源との比較,第57回分析化学討論会,松山.

1996. 7;Naoki Furuta,How Isotope Ratio Measurements by ICP-MS are Enabling us to Expand Fields of Application,8th Biennial National Atomic Spectroscopy Symposium, University of East Anglia, Norwich,England (招待講演)

1996. 9;吉永典昭,古田直紀;イオンクロマトグラフィ−と水素化物発生法とを組み合わせたICP発光分析法による大気粉塵中のアンチモンの酸化数別分析,日本分析化学会第45年会,仙台.

1996. 9;常田貴裕,古田直紀;東京と筑波における大気汚染物質の波長別紫外線量への影響,日本分析化学会第45年会,仙台.

1996. 9;要野浩一,一之瀬達也,古田直紀;マイクロ波分解装置を使用した池底質標準物質中の鉛同位体比測定とICP-MSの質量差別効果の補正方法の検討,日本分析化学会第45年会,仙台.

1996.12;Naoki Furuta;Spectroscopic and Analytical Characteristics of High Power Nitrogen MIP for Atomic Emission and Mass Spectrometry, Xiamen International Symposium on Spectrochemistry -Progress & Prospects-, Xiamen University, China (招待講演)

1997. 3;河本清高,大野時康,古田直紀;ICP質量分析計を用いた同位体希釈分析法による水道水中の鉛の高精度分析,日本化学会第72春季年会,東京.

1997. 3;足立暁,常田貴裕,古田直紀;東京と筑波における紫外線量の比較(1995-1996),日本化学会第72春季年会,東京.

1997. 3;大畑昌輝,太田寛展,伏見元宏,古田直紀;高出力マイクロ波誘導プラズマにおける酸素ガス混合効果,日本化学会第72春季年会,東京.


環境研ホームページに戻る
応用化学科のホームページへ戻る
中央大学理工学部のホームページへ戻る