口頭発表リスト(1994〜1999)


1995年度

1995. 5;古田直紀,笹野康弘;ハワイマウナロア観測所で得られた大気圏外太陽スペクトル;第56回分析化学討論会,大阪.

1995. 8;Naoki Furuta;Plasam Emission and Mass Spectrometry in Environmental Analysis,XXIX Colloquium Spectroscopicum Internationale,Leipzig (招待講演)

1995. 9;大畑昌輝,古田直紀;高出力窒素MIPの分光学的特性−温度,電子密度,発光強度分布について−;日本分析化学会第44年会,北海道.

1995. 9;河本清高,古田直紀;ICP−MSを用いた同位体希釈分析の基礎的検討−スパイク試料としてのSRM983と991との比較−;日本分析化学会第44年会,北海道.

1995.11;常田貴裕,城所敏浩,古田直紀;宇宙衛星による地球環境観測計画−オゾン層と紫外線観測−;日本分光学会,名古屋 (招待講演)

1996. 3;吉永典昭,古田直紀;浮遊粉塵中のヒ素とセレンの酸化数別分析,日本化学会第70年会,東京.

1996. 3;伏見元宏,大畑昌輝,古田直紀;高出力N2-MIPにおける酸素ガス混合の効果,日本化学会第70年会,東京.

1996. 3;要野浩一,河本清高,古田直紀;タリウムを用いたICP-MSの質量差別効果の補正,日本化学会第70年会,東京.

1996. 3;常田貴裕,古田直紀;東京と筑波における紫外線量の比較,日本化学会第70年会,東京.

1996. 3;鳩貝友里,古田直紀;浮遊粒子状物質の粒径分布と微量金属との相関,日本化学会第70年会,東京.


1996年度

1996. 5;古田直紀;ICPとMIPのプラズマ診断 −発光強度分布、温度分布、それに電子密度分布−,日本分光学会平成8年度春季講演会,東京 (招待講演)

1996. 5;河本清高,古田直紀;ICP質量分析計を用いた同位体希釈分析による河川水標物質中の鉛の高精度分析,第57回分析化学討論会,松山.

1996. 5;大畑昌輝,古田直紀;高出力窒素MIP光源の分析化学的特性:発光分析法による検出感度のICP光源との比較,第57回分析化学討論会,松山.

1996. 7;Naoki Furuta,How Isotope Ratio Measurements by ICP-MS are Enabling us to Expand Fields of Application,8th Biennial National Atomic Spectroscopy Symposium, University of East Anglia, Norwich,England (招待講演)

1996. 9;吉永典昭,古田直紀;イオンクロマトグラフィ−と水素化物発生法とを組み合わせたICP発光分析法による大気粉塵中のアンチモンの酸化数別分析,日本分析化学会第45年会,仙台.

1996. 9;常田貴裕,古田直紀;東京と筑波における大気汚染物質の波長別紫外線量への影響,日本分析化学会第45年会,仙台.

1996. 9;要野浩一,一之瀬達也,古田直紀;マイクロ波分解装置を使用した池底質標準物質中の鉛同位体比測定とICP-MSの質量差別効果の補正方法の検討,日本分析化学会第45年会,仙台.

1996.12;Naoki Furuta;Spectroscopic and Analytical Characteristics of High Power Nitrogen MIP for Atomic Emission and Mass Spectrometry, Xiamen International Symposium on Spectrochemistry -Progress & Prospects-, Xiamen University, China (招待講演)

1997. 3;河本清高,大野時康,古田直紀;ICP質量分析計を用いた同位体希釈分析法による水道水中の鉛の高精度分析,日本化学会第72春季年会,東京.

1997. 3;足立暁,常田貴裕,古田直紀;東京と筑波における紫外線量の比較(1995-1996),日本化学会第72春季年会,東京.

1997. 3;大畑昌輝,太田寛展,伏見元宏,古田直紀;高出力マイクロ波誘導プラズマにおける酸素ガス混合効果,日本化学会第72春季年会,東京.


1997年度

1997. 5;大畑昌輝,一之瀬達也,榎本美春,古田直紀,篠原厚子,千葉百子;水素化物発生法を用いた高出力N2-MIP-MSによるSeの同位体希釈分析;第58回分析化学討論会,福岡.

1997. 5;一之瀬達也,大畑昌輝,古田直紀,篠原厚子,千葉百子;N2-MIP-MSを用いたSeの同位体希釈分析における誤差拡大係数の影響;第58回分析化学討論会,福岡.

1997. 5;吉永典昭,古田直紀;酸分解過程における酸化数の変化−ヒ素、セレン、アンチモンについての検討−;第58回分析化学討論会,福岡.

1997. 5;要野浩一,一之瀬達也,古田直紀;ICP-MSを使用した鉛同位体比測定値の濃度依存性とその補正方法の検討;第58回分析化学討論会,福岡.

1997. 5;渡辺和子,布留三奈子,古田直紀;セレンのW価をY価に酸化してオンラインカラムICP-MSでセレンを定量する手法の開発;第58回分析化学討論会,福岡.

1997. 9;Masaki Ohata,Naoki Furuta;Evaluation of High Power N2-MIP for Emission Source and Ion Source;XXX COLLOQUIUM SPECTROSCOPICUM INTERNATIONALE, Melbourne, Australia.

1997. 9;Naoki Furuta,Tatsuya Ichinose, Masaki Ohata, Atsuko Shinohara, Momoko Chiba;Isotope Dilution Analysis for the Determination of Selenium in Human Blood Serum by using High Power N2-MIP-MS; XXX COLLOQUIUM SPECTROSCOPICUM INTERNATIONALE, Melbourne, Australia.

1997.10;常田貴裕,古田直紀;東京と筑波における紫外線量の波長依存性とそれに影響を与える要因について;日本気象学会秋季大会,札幌.

1997.10;常田貴裕,足立 暁,古田直紀;大気汚染分子の地上到達紫外線量に対する影響;日本気象学会秋季大会,札幌.

1998. 3;常田貴裕,足立 暁,梶 行人,古田直紀;大気汚染分子の紫外線量に対する影響;日本化学会第74春季年会,京都.

1998. 3;吉永典昭,古田直紀;大気粉塵中の微量元素の粒径別分布とその季節変化;日本化学会第74春季年会,京都.

1998. 3;要野浩一,古田直紀;誘導結合プラズマ質量分析法を用いて正確な鉛同位体比を測定するための手法の研究;日本化学会第74春季年会,京都.

1998. 3;田澤綾子,古田直紀;オンラインカラム-ICP-MSを用いた海水中のVの定量;日本化学会第74春季年会,京都.

1998. 3;生井勝康,大畑昌輝,古田直紀;レーザーの励起発光をモニターしてアブレ−ト量を補正するレーザーアブレ−ションICP質量分析法;日本化学会第74春季年会,京都.


1998年度

1998. 5;鍋島貴之,高田安章,坂入実,永井俊明,古田直紀;無機化合物の化学形態分析(スペシエーション)におけるESI-3DQMS; 第59回分析化学討論会,小樽.

1998. 5;長尾圭悟,古田直紀;オンラインカラムにムロマックA-1を用いた誘導結合プラズマ質量分析法による茶葉、玄米中のカドミウムの定量;第59回分析化学討論会,小樽.

1998. 5;永井俊明,古田直紀,鍋島貴之,高田安章,坂入実;ESI-3DQMSにおける無機化合物の化学形態分析(スペシエーション);第59回分析化学討論会,小樽.

1998. 5;大畑昌輝,古田直紀;レーザーアブレーション試料導入法におけるレーザーと固体試料表面との相互作用メカニズムの解明;第59回分析化学討論会,小樽.

1998. 5;足立暁,梶行人,常田貴裕,古田直紀;東京における紫外線モニタリング;日本気象学会,東京.

1998.5;古田直紀;ICP-AESとICP-MSによって得られる分析結果の信頼性を向上させるために;バリアン無機分析セミナー,東京.

1998.9;古田直紀;ICP発光分析法とICP質量分析法の現状と課題;日本分光学会光源・環境科学部会 合同シンポジウム,東京.

1998.10;Naoki Furuta; Matrix Speparation and Analyte Preconcentration by ICP/MS with an On-Line Microcolumn; Federation of Analytical Chemistry and Spectroscopy Societies (FACSS), Austin, USA.

1998.10;Masaki Ohata and Naoki Furuta;Evaluation of a High-power Nitrogen Microwave-induced Plasma for Atomic Eission and Mass Spectrometry; Federation of Analytical Chemistry and Spectroscopy Societies (FACSS), Austin, USA.

1999.3;古田直紀;オンラインマイクロカラムを取り付けたICP-MSによるマトリックス除去と微量元素濃縮;プラズマ分光分析研究会第45回講演会,広島.

1999. 3;梶行人,足立暁,古田直紀;東京と筑波における紫外線量比の波長依存性について;日本化学会第76春季年会,横浜.

1999. 3;渡辺和子,古田直紀;セレンのW価をY価に酸化してオンラインカラムICP-MSでセレンを定量する手法の開発;日本化学会第76春季年会,横浜.

1999. 3;日下部智一,古田直紀,桑原宏太,阪田健一;ICP-MSにおけるアルゴンガス低流量プラズマの開発;日本化学会第76春季年会,横浜.

1999. 3;佐近洋,大畑昌輝,古田直紀,細井俊裕,稲葉次紀;アークプラズマ処理した焼却飛灰の成分元素と溶出元素の定量;日本化学会第76春季年会,横浜.

1999.3;細井俊裕,伊藤宏征,稲井恒,森田一成,大畑昌輝,古田直紀,稲葉次紀;飛灰プラズマ処理スラグのpH溶出試験およびベントナイト混合溶融試験の検討;平成11年電気学会全国大会,山口.


1999年度

1999. 5;安田博幸,生井勝康,大畑昌輝,古田直紀;レーザー励起発光をモニターしてアブレート量を補正するレーザーアブレーションICP質量分析法; 第60回分析化学討論会,弘前.

1999. 5;井出川玲子,大畑昌輝,古田直紀,佐竹研一;レーザーアブレーションICP-MSを用いた樹木中に含まれる微量元素の分析;第60回分析化学討論会,弘前.

1999. 5;神村雄一郎,古田直紀;フローインジェクションICP-AESを用いた環境水中のCl、Br、Iの定量;第60回分析化学討論会,弘前.

1999. 7;古田直紀;EPA CLP(Contract Laboratory Program)に規定されている精度管理;プラズマ分光分析研究会筑波セミナー,つくば.

1999. 9;日下部智一,古田直紀,桑原宏太,阪田健一;ICP-MSにおけるアルゴンガス低流量プラズマの開発とその性能の評価;日本分析化学会第48回年会,神戸.

1999. 9;長尾圭悟,古田直紀;オンラインカラムICP-MSによるマトリックス除去と微量元素濃縮;日本分析化学会第48回年会,神戸.

1999. 9;永井俊明,古田直紀;オンラインダイナミック同位体希釈分析法による液体クロマトグラフィーの各分離ピーク(化学形態)ごとの重金属の定量第1報 アルブミン中のCuとZnの定量;日本分析化学会第48回年会,神戸.

1999. 9;大畑昌輝,金子順恵,長尾圭悟,古田直紀,細井俊裕,稲葉次紀;アークプラズマ処理した焼却飛灰の成分元素と溶出元素の定量;日本分析化学会第48回年会,神戸.

1999.11;Masaki Ohata, Hiroyuki Yasuda, Yoshimichi Namai and Naoki Furuta;Precision Improvement of Laser Ablation ICP/MS by Using Emission Signals Produced During Ablation;26th Annual Conference of the Federation of Analytical Chemistry and Spectroscopy Societies (FACSS),Vancouver, Canada.

1999.11;Naoki Furuta, Noriaki Yoshinaga, Sumika Hagino, Akihiro Iijima;Trace Elements Monitoring and Lead Isotope Ratios in Airborne Particulate Matters Collected in Tokyo;26th Annual Conference of the Federation of Analytical Chemistry and Spectroscopy Societies (FACSS),Vancouver, Canada.

1999.11;Jian Zheng, Masaki Ohata, Naoki Furuta;Antimony Speciation in Environmental Samples by Using High-Performance Liquid Chromatography Coupled to Inductively Coupled Plasma Mass Spectrometry;Co-Operation on International Traceability in Analytical Chemistry (CITAC) '99 Japan Symposium on Practical Realization of Metrololgy in Chemistry for the 21st Century, Tsukuba, Japan.

2000. 3;Naoki Furuta, Toshihiro Hosoi, Masaki Ohata, Tsuginori Inaba; Physical Property and pH Dependency of Solubility Test about Plasma Molten Slag from Fly Ash;International Workshop Sustainable Construction: Use of Incinerator Ash, Dundee, UK.


環境研ホームページに戻る
応用化学科のホームページへ戻る
中央大学理工学部のホームページへ戻る