This page is Japanese only.
Go to English homepage


環境化学研究室のホームページへようこそ! 私たちは地球に優しい研究室を目指しています!! 中央大学 理工学部 応用化学科 環境化学研究室


このホームページでは環境化学研究室について紹介します

研究室の2019年10月〜の行事

  1. 教授プロフィール
  2. 研究テーマ概要
  3. 研究テーマ一覧 (年度別)
  4. 研究テーマ一覧 (テーマ別)
  5. 印刷発表リスト
  6. 印刷発表の受賞歴
  7. 口頭発表リスト
  8. 口頭発表の受賞歴
  9. 研究室のメンバー紹介(2019)
  10. 研究室出身者及び記念パーティーの写真
  11. 就職先
  12. 研究室セミナースケジュール
  13. 海外からの訪問研究者
  14. 関連分野へのリンク (プラズマ分光分析研究会など)
  • 最終更新日 2019/9/19
  • 2020年度 古田研のメンバーに加わりませんか?(4つのチャンス)

    2020年度に私が定年を迎えるので、古田研は最終年度を迎えます。 1994年4月に設立した古田研は今年で26年目を迎えます。 その間に、学部卒業生を288名、大学院修士修了生を94名、 大学院博士修了生を5名社会に送り出しました。最初に学部を卒業した学生は、 現在47歳となり、社会の中堅として活躍しています。古田研を卒業していった学生は、 主に分析メーカー、環境・分析分野の業界で活躍しています。 中には、公務員や中学・高校の教員になった人もいます。

    最後の年になると、卒業生が一同に会する機会が増えます。古田研のメンバーとなり、 卒業生との交流を通して大学と社会とのつながりを学ぶ絶好のチャンスです

    研究面においても、今年は今まで行ってきた研究テーマについて、最終的に結論を出し、 終決させる年となります。永年続けられてきた研究の最終結論がどんなものになるのかを 見届ける絶好のチャンスです

    研究室設立時の第一期卒業生は記憶に残るものですが、最後の卒研生も末永く記憶に残るものです。 その最後の卒研生となるチャンスです

    2020年度の卒研生の数は通常の半分(5名程度)となりますので、充実した指導が期待できます。 私から直接指導を受ける絶好のチャンスです

    就活もやるが、積極的に実験をやりたいという学生を歓迎します。