研究テーマ (テーマ別)


発表年度
論文
氏名
論文テーマ
2001
卒論佐野 友一生体中に投与されたセレンと排出されたセレンの化学形態別分析
2003
修論佐野 友一セレン化合物を投与したマウスにおけるセレン化合物の化学形態及び分布の解明
2003
卒論小森 大輔セレン化合物を投与したマウスの臓器におけるセレンの化学形態分析
2003
卒論山口 雄平種々セレン補給剤中に含まれるセレンの化学形態分析
2003
卒論野尻 史人HPLC-ICP-MSによるマウス血漿中に含まれるセレンの形態分析
2004
卒論杉山 翔一Se化合物を投与したマウス体内中でのSe分布の解明
2004
卒論重田 香織HPLC-ICPMSを用いた血漿中におけるセレノプロテインの化学形態別分析
2004
卒論加藤 由希子植物による土壌中セレンの吸収・蓄積能力の調査(文献調査)
2005
修論野尻 史人セレン摂取量の異なるマウスの尿とフンに含まれるセレンの全量分析及びその化学形態別分析
2005
修論岡本 泰典82Seを濃縮した亜セレン酸ナトリウムを静脈注射したマウス中におけるSe体内分布と化学形態別分析
2005
卒論石田 真紀子[文献調査] 生体中の微量金属の役割−特にセレンを中心にして−
2005
卒論吉田 尚史HPLC-ICP-AESを用いた金属含有タンパク質の主成分元素と微量元素の同時定量
2005
卒論堀口 洋平セレン濃度の異なる飼料を与えて飼育したマウス臓器中の必須微量元素濃度が受ける影響
2005
卒論岡本 真理子[文献調査] 飛行時間型質量分析計の生命科学への応用
2006
修論重田 香織マイクロアフィニティークロマトグラフィーICPMSを用いたサブマイクロリッターのマウス血漿中に含まれるセレノプロテインPの分離解析
2006
修論杉山 翔一種々のセレン投与期間及び投与量で飼育したマウスの体内におけるセレン代謝挙動の解明
2006
卒論松村 健太郎82Se 濃縮溶液静脈注射後のマウスの体内におけるセレンの動的代謝機構の解明
2006
卒論寺田 明孝トマト(Lycopersicon esculentum)による有害汚染元素 Pb, Cd, Cu, Zn の取り込み挙動の解明
2007
卒論橋浦 義輝マウスの肝臓及び腎臓における細胞内セレンタンパク質の経時変化の追跡
2007
卒論和田 恵利奈異なるSe栄養状態におけるマウス臓器のSe濃度とZn,Cu及びMn濃度の相関関係
2007
卒論大藏 稔水耕栽培で育てたトマト(Lycopersicon esculentum)における亜鉛取り込み過程の解明
2008
修論松村健太郎ICPMSを用いた高マトリックス溶液中のSeの定量における干渉補正法の検討及び生体試料への応用
2008
修論寺田 明孝ファイトレメディエーションへの応用を目指した、トマトによる重金属取り込み挙動の研究
2008
卒論菊地 真代nanoHPLCで分離したペプチドをICPMS及びUV検出器を用いて測定することによる、ペプチドの定量
2008
卒論金澤 昌史放射性ヨウ素のモニタリングを目指したシロイヌナズナ(Arabidopsis thaliana)によるヨウ素及びヨウ素酸の取り込み過程の解明
2008
卒論佐藤 理沙イオンクロマトグラフィーで検出される植物の根から放出している未知有機酸のESI-MSによる同定
2009
修論大蔵 稔水耕栽培で育てたトマト(Lycopersicon esculentum)の根から放出される有機酸の同定
2009
修論橋浦 義輝82Se 濃縮亜セレン酸と82Se 濃縮セレノメチオニンを静脈注射したマウス体内におけるセレンの動的代謝機構の相違
2009
卒論信澤 歩nanoHPLC-ICPMS 法を用いて硫黄を測定することによるヒト血漿中アルブミンの定量
2009
卒論坂井 達也マウス血漿及びヒト血漿中のセレンを含むタンパク質の化学形態別分析
2009
卒論三浦 斗夢植物(トマト)の根から取り込まれた Zn の化学形態別分析
2010
修論菊地 真代nanoHPLC-ICPMSでイオウを測定することによるリン酸化タンパク質の定量
2010
卒論佐藤 旬SDS-PAGE を用いた肝臓抽出残渣中のセレン含有タンパク質の同定
2010
卒論佐藤 亜由美分光干渉及び炭素増感効果を補正することによるBovine Liver標準物質中のセレンの正確な定量
2010
卒論玉枝 星哉植物(トマト)の根から取り込まれた Zn の植物中における分布
2010
卒論若林 遼Zn 濃度の異なる水耕液で栽培したトマトから放出される有機酸の同定と定量
2011
修論信澤 歩Nano HPLC-ICPMS法を用いて硫黄を測定してペプチドを定量することによるアルブミンの定量
2011
修論坂井 達也セレン安定同位体を投与したマウストレーサー実験によるセレン代謝機構の解明
2011
卒論辻野 絢也Nano HPLC-ICPMSを用いて硫黄とリンを測定することによるタンパク質の定量的なリン酸化解析
2011
卒論五百磐 徹SDS-PAGEを用いたSelenoprotein Pの分離とレーザーアブレーションICPMSによるイメージング
2011
卒論齋藤 志津佳植物(トマト)に取り込まれた亜鉛の化学形態別分析
2011
卒論森田 康平原子力発電所から放出されるヨウ素の植物への取り込み過程の解明
2012
卒論吉田 裕亮ICPMSで硫黄とリンを定量することによるβ-カゼインの定量的なリン酸化解析
2012
卒論権藤 梓82Seを濃縮したセレノメチオニンを投与して増加するcGPxのアミノ酸解析 −セレノメチオニンとして増えるのか、それともセレノシステインとして増えるのか?−
2013
修論辻野 絢也nano HPLC-ICPMSを用いて硫黄とリンを測定することによるタンパク質の定量的なリン酸化解析
2013
卒論森 美紗樹水耕栽培で育てたトマトの茎および葉に取り込まれた重金属 (Zn, CdおよびPb) の化学形態別分析
2013
卒論中村 真奈82Seを濃縮した亜セレン酸を投与したマウス肝臓中で増加するcGPxのアミノ酸解析
2013
卒論池田 かなえ粉ミルク中の必須微量元素(Zn, Cu, Seなど)の全量分析と化学形態別分析
2014
修論吉田 裕亮nano HPLC-ICPMSを用いて硫黄とリンを測定することによるカゼインの定量及びリン酸化解析
2014
卒論大塚 拓貴82Seを濃縮した82Seメチオニンを静脈注射したマウス肝臓中のcGPxをトリプシン分解して生成したSeペプチドの解析
2014
卒論稲葉 高徳nano HPLC-ICPMSを用いて硫黄とリンを測定することによるタンパク質の定量的なリン酸化解析
2014
卒論佐藤 蓮南水耕栽培で育てたトマトの根から放出される有機酸の同定とその役割
2015
修論安孫子 拓斗マウス脳内の必須微量元素 (Mn, Fe, Cu, Zn, 及び Se) を含むタンパク質におけるセレン欠乏の影響
2015
修論森 美紗樹水耕栽培で育てたトマトの根、茎及び葉に取り込まれた Zn の化学形態別分析
2015
卒論田代 裕規82Seを濃縮した82Se(IV)または82SeMetを静脈注射したマウス肝臓中のFe, Cu, Zn, Seの化学形態別分析
2015
卒論牧野 友香ヘパリンカラム-サイズ排除カラム - ICPMSによるヒト血漿中に存在するFe, Cu, Zn, Seの化学形態別分析
2015
卒論齊藤 慧82Seを濃縮した82Se(IV)と82SeMetを投与したSe欠乏群マウスの筋肉中に存在するFe, Cu, Zn, Seの化学形態別分析
2015
卒論小林 徹[文献調査] セレンサプリメントの化学形態別分析
2016
修論大塚 拓貴キャピラリーHPLC-ICPMSを用いたセレノプロテインのトリプシン分解物中に含まれるセレノペプチド及び硫黄ペプチドの検出法の確立
2016
卒論鈴木 和浩電気泳動とLA-ICPMSによるマウス肝臓中タンパク質の網羅的解析手法の確立
2016
卒論高橋 愛実植物における金属タンパク質の網羅探索法の確立
2016
卒論谷川 遼治ハイパーアキュムレーターにおける重金属集積機構の分析化学的、分子生物学的研究
2016
卒論大内 実樹ゲノム育種による重金属耐性植物の創成
2016
卒論正木 聡一[文献調査] ハイパーアキュムレーターによる有害金属の取り込み過程の研究
2016
卒論和田 真里子[文献調査] 重金属汚染に暴露された生物の生体応答の解明



研究テーマ一覧(テーマ別)に戻る
環境研ホームページに戻る
応用化学科のホームページへ戻る
中央大学理工学部のホームページへ戻る